清良記を紐解く会のあけぼの

【清良記を紐解く会は、平成二十五年四月の三間史談会総会で提案し、賛成多数で承認されました。以下は、三間史談会で清良記を勉強する会を立ち上げるに際し、意気込んで書いたお知らせです。


『郷土史・清良記を紐解く読書会(仮称)』スタートの件

各位

    時下ますますご清祥のことと存じます。さて題目に上げましたように、この度有志で『清良記』を研究する会をスタートすることになりました。この件は、羽藤会長始め、佐竹副会長、松浦顧問、池本顧問、に相談の上進めました。
    座長は私松本敏幸が務めます。会のスタイルとしては『清良記』や『三間町誌』の歴史の章を読み、読んだ部分で思うことを語り合うというスタイルです。参加者は三間史談会々員に限らず広く募集します。
    また会費は考えておりません。『清良記』と『三間町誌』とノートを各人が持ち寄っていただきます。第一回目は以下の予定です。

日時…5月28日(準備会)
            夜8時から9時
場所…中央公民館第一会議室
順次月末の良い日に行います。

    実際には公民館は7時から借りています。史談会の会員には8時より早目に集合していただければ幸いです。会の目的には新規会員獲得、後継者の育成、三間史談会20周年に向けての意味もあります。大いに盛り上げていただければと思います。
    町内には三間町の郷土史に関心を持っている方、『清良記』を読んでみたい方は沢山いらっしゃる事と思います。また既に読み込んでおられ、様々な疑問や見解をお持ちの方もおられると思います。昨今の『南予いやし博』や『三間IC開通』などの町おこしの盛り上がり、郷土史への関心の高まりを感じ取り、この会をスタートするには今が一番良い時期と考えました。
    『夜の三間史談会』『三間史談会の夜の部』『三間史談会夜話』『清良記研究会』なんでも結構です。どうか温かい気持ちで盛り上げていただければ幸いです。

以上。三間史談会々員、松本敏幸。平成25年5月11日(土)




[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-04-01 19:00 | 郷土史

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん