清良記を紐解く会『巻三』

【テキストでは『第四回』としていますが、三間史談会では第三回とされており、ここでは『巻さん』としておきます。ところでその前の回『巻二』のテキストは作っていませんでした。テキストはそれを書いた人の主観で書かれています。またテキストだけ読んで清良記を読まない人が多かったのも問題です。本当はテキストは作らないつもりでしたので、内容は簡単にし、清良記が読みたくなるように作ってあります。】


□  清良記を紐解く会・第四回  □


    第四回は巻の三を紐解きます。巻の三は土居志摩守清晴の討死と西園寺真光卿の降伏を知った土居の家副清貞が、嫡子を三嶋神社神主修理太夫通信に預け、大森城を出て石城に籠城する土居清宗入道宗雲の所へ駆け付ける所から始まります。
    ここで特筆するべき事は、宇和郡の旗頭西園寺真光卿が豊後大友に降伏したにも関わらず、なぜ孤軍奮闘し降伏しなかったのか?そしてなぜ一族自害という道を選択したのか?という理由です。実は、その理由は巻の二の最後に書いてあります。

    『御諚の如く某等、数年武士の真似を致し、旗頭真光の御前にても人に知られ申す事、単にお陰に御座候。今更の御恩を忘れ、何方へ落ち行き申し候とも、千年万年も永らえ申すまじ。譬え永らえ候とも、大将を捨てて逃げたり等と、万年迄も悪名唐土の盗石が如く、さてまた久しく永らえて、奇怪不思議と浦島等がように候を人の申し伝えて尚悪名現れ申すべく候。侍は名こそ惜しまれ申し候え。三界無安と申し候えば、何国も火宅にて御座候わん。槿花一日の栄、ただこの時にありとて、落ちんと言う者一人もなかりけり。』

    つまり土居家は昔より名誉を重んじると共に、主君への忠節を非常に重んじており、逃げたり降伏したりして、これ迄と違う新しい主君へ仕える事を非常に恥とした事が分かります。そして、ここで述べておきたいのは、土居清良が天正十五年に大森城を下城して後、新しい領主からリーダーとして用いられようとしながら悉く断ったという理由もまたそれと同じであったであろうという事です。
    巻の三の最後は9月28日に一族の自害と土居清晴の三男清良と清貞の娘お松を土佐の幡多へ落とす案を練り、能寿寺の住職鉄首座を石城へ呼んで後の弔いを頼みます。そして脱出は29日の夜に決行。脱出は70人以上の大掛かりな物だったと書かれています。
    そして遂に自害の時…それは10月5日の朝の出来事でした。このように見てみれば清宗始め、息子11人、孫23人、郎党49人、女官38人、合わせ122人の自害は一族が滅びる為ではなく、清良をして土居家を再興させる為の名誉の死であった事が分かります。以上


平成25年8月25日(日)『清良記を紐解く会』座長、松本敏幸

[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-04-04 06:00 | 郷土史

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん