清良記を紐解く会・岡本合戦②

【前回が『巻二十三』の一節『岡本合戦の事』で大変盛り上がり、この回では本編となる二節『橘合戦の事』を紐解きました。これらは全て五月二十四日に実施する『岡本合戦現地研修』を成功させたい為です。私の清良記にかける思いは様々ですが、岡本合戦に関する様々な誤解をなくしたいという事が最大の願いとなっています。これは、ある意味、清良記の名誉を復帰させる為の取り組みだと言えます。】

□『清良記を紐解く会』第十一回

    前回は『巻二十三』を紐解きましたが、頁数としては二頁。その他、関連のある巻二十二や巻二十四も読み、大いに盛り上がりました。このように『紐解く会』は、どんどん先に進むだけではなく、時には大事な話題について深く考察してみる事も楽しみの一つではないかと思います。これからは参加者の方々がそれぞれに理解を深め、様々な疑問や見解の発表を交換するようになれば、会は更に盛り上がる物と期待を大きくする所です。

    さて、いよいよ来月は岡本合戦の現地検証が控えておりますので、今回は『巻二十三』を全て紐解いておきたいと思います。この現地検証は『清良記の現地の検証』が目的ですので、清良記をよく読み込んでおく事が必要です。岡本合戦の資料の違いで見解が分かれるのは当然ある事ですが、『三間の郷土史愛好者が清良記に何が書いてあるのか知らない』『現地に行った事がない』では、清良記を正しく紹介する事が出来ません。これから少しづつ課題をクリアして行きましょう。


□『巻二十三』を紐解く・其の二

    さて清良公が立てた作戦はこうです。それは、土居の本隊を古藤田に置き、土佐方の旗を持たせた偽土佐勢を橘の森に潜ませて、そこに土佐本隊を誘き寄せ、待ち伏せた鉄砲隊で討ち取ろうという物。ちなみに土佐方の旗を使っての騙し討ちは、この時が初めてではなく、巻十九の十節にも登場します。所謂、土居の軍法には『夜討ち』『騙し討ち』等のゲリラ戦法が多く、大敵を相手に少数で守るには有効な手段だったと言えます。

    ところで気になるのは、どこに鉄砲隊を布陣したかではないでしょうか。清良記には『新左衛門、右京進は南の尾崎八幡の前に引き分けて、足軽その他四百五十挺の鉄砲は、橘の額に柴、笹などをかぢし段々に後高く三重に引き隠し、残り百五十挺の筒をば堂の後ろより西の井口という所までの藪の中に隠し、彼此六百挺の筒は早込めの仕掛けにて、込め変え込め変え、三度放ちて一回り、三度放ちて一回りと絶え間なく打ち続くべし』とあります。つまり土居垣内の八幡神社のある山が橘の森で、橘の岡の額は白瀧家のある東側、堂の後ろより西の井口は土居家のある西側と見る事ができます。

    そのような守備万全の中、三騎の早馬と五十の兵が本隊を抜けて、岡本城の麓、井口まで近付きます。これは岡本城本丸に侵入していた先勢と連絡を取る為でしたが、ここで鉄砲を発砲しては作戦が暴露てしまいます。清良公は家来の侍三人に古藤田から来たように登場させて、三騎の大将を討ち取らせます。雑兵は慌てて本隊へと逃げ帰りますが、この間、橘の森に隠れている鉄砲隊は一度も鉄砲を放つ事はありませんでした。清良記には、この命令の統制こそが土居方へ勝利を引き寄せた鍵であり、後々まで讃えられたと書かれています。

    その上、清良公の作戦は、本当にこのような事があったのかと驚くばかりですが、土佐本隊を目の前にして、古藤田から善家と桜井が偽土佐勢に打ち掛かり、土佐勢を演じた清良公は橘の森に駆け上がって土佐方の旗を立てます。これを味方と心得た土佐本隊は、橘の岸の下へ近付き入りて、ここで初めて鉄砲隊が火を放つのでした。清良記には、『土佐方の大将久武内蔵助を始め国吉肥前守、佐川、谷脇、依岡、和食などいう者を先として暫時が間に雑兵合わせて千余人目の前に打ち伏せ』と、土佐本隊が総崩れになる様子が描かれています。

    その直後、真っ直ぐに走り寄る一人の若武者が登場。久武内蔵助の小姓であった今藤又八郎です。主を討たれた又八郎は既に命を捨てる覚悟ができており、誰も手に負えません。そこに武者法師木ノ本円長坊が太刀打ちに駆け付けますが、牛若丸と熊坂長伴になぞらえて、戦いの様子は非常に読み応えがあります。そして後陣の土佐勢は、『大内裏松の沖』という所に引き退きます。この後、主戦場は『大内』に移つり、また框越えから加勢して来た芝の軍勢との間で『框越え合戦』が起きて行くのでした。



□平成26年4月26日(土)三間史談会主催『清良記を紐解く会』松本敏幸(090-1320-1508)

[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-04-13 19:00 | 郷土史

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん