三間町曽根の天神花踊り練習


c0363691_16111860.jpg


8/20から三間町曽根地区で【天神花踊り】の練習が始まりました。天神花踊りは、長宗我部元親に討ち取られたという歯長城主を供養する為に踊られています。
歯長城は、三間町から西予市に越える法華津山脈の歯長峠の頂にあり、今の歯長トンネルの真上です。その守りは非常に固く、土佐の侍達は麓の曽根地区の八朔祭の日に、百姓の振りをして剣や鎌を持って踊り、歯長城主が祭りに来るのを待ったそうです。歯長城主は家来を伴い祭りに来たようですが、百姓だと思っていた者た達に取り囲まれて…
天正年間末期。それは四国が豊富秀吉によって征伐される直前のできごとでした。
いつの頃からか、曽根地区では、歯長城主を供養する為に、祭りの日に【天神花踊り】を奉納するようになったそうです。



[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-08-23 16:09 | 郷土史

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん