三間河野家の【高森城址】登山


地元(愛媛県宇和島市三間町)の兼近地区にある、【高森城址】に登って来ました。


c0363691_19255618.jpeg


【高森城】は、『清良記』に登場する三間河野家の居城。城主は、中野殿と呼ばれる河野通賢でした。


c0363691_20121053.jpeg


昨年、立派な案内板が立てられました。製作したのは【高森城を愛する会】です。


c0363691_19281476.jpeg


三角に尖った本郭に、四方には長く伸びた支脈が幾つもあり、三間では最大規模の古城と言われています。


c0363691_20163633.jpeg


本郭の周囲には巨大な岩肌が露出しており、白い笠をかぶっているような姿から、【衣笠(きぬかさ)城】の異名も持っています。


c0363691_19303812.jpeg


本郭は広く開けており、標高は378mあります。(右奥の土塁が三角点のある頂上。)


c0363691_19314065.jpeg


西北西の方角に見えるのは、三間町の二名小学校。その向こうに【岡本城址】と【大森城址】も見えます。


c0363691_19321163.jpeg


南南東の方角に見えるのは、鬼北町の沢松地区と深田地区。左に【竹ヶ森城址】と【薄木城址】が並んでいます。


c0363691_19324374.jpeg


真北の方角にあるのが、音地、黒川、中間、の告森三地区。右手前に見えるのが【告森城址】です。


c0363691_19332076.jpeg


今年、平成28年3月には【第2回清良記シンポジウム】が開催される事になっており、【高森城址】は19日に登山が予定されています。案内人は、三間町大内の武田利康先生です。是非、振るってご参加ください!\(^o^)/


愛媛県宇和島市三間町/兼近地区の高森城址にて撮影©︎


以上、松本敏幸©︎




[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-02-27 19:19 | 古城

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん