第7回 長宗我部フェスティバル


5月14日(土)は、南国市にある高知県立歴史民俗資料館の『第7回長宗我部フェス』、5月15日(日)は、高知市長浜にある若宮八幡神社の『第5回長宗我部まつり』に行ってきました。



c0363691_23062625.jpeg
5月14日は、暑いくらいの晴天に恵まれました。初日の会場、高知県立歴史民族資料館は、長宗我部氏の本城である『岡豊(おこう)城跡』でもあります。ベテランのガイドさんに、くまなく城跡の説明を伺う事ができました。



c0363691_23121866.jpeg
岡豊城から『長宗我部フェス』の会場を見下ろしました。大掛かりなイベントという印象ではありませんが、戦国時代に四国を制覇した【長宗我部元親】が好きな人達が集まっており、凄く情熱が伝わって来るイベントです。



c0363691_23362028.jpeg
10時からのオープニングイベントで、【長宗我部鉄砲隊】が砲術の実演をお披露目。毎年、大分県から参加している【大友宗麟鉄砲隊】の指導を得て、昨年に結成された鉄砲隊です。



c0363691_23405223.jpeg
そして、午後からは、戦国舞台をされている俳優さんと鉄砲隊によるアトラクション。その中で【大友宗麟鉄砲隊】による砲術の実演がされ、例年にない盛り上がりを見せました。



c0363691_23462502.jpeg
アトラクションの内容が大変よくできており、元親が長男信親を失う【戸次(へつぎ)川の合戦】が舞台でした。信親は島津との合戦で700名討死となる壮絶な最期を遂げていますが、その信親が生きて帰って来る物語となっていました。



c0363691_23544460.jpeg
信親を失い嘆く元親に涙したかと思えば、実は生きていたと再会を果たした元親と信親の喜びようにまた涙しました。そして、次に迫り来る敵を【大友宗麟鉄砲隊】が蹴散らし、宴の準備が始まると信親の姿がありません。それは、元親が見た束の間の幻だったのでした。(;ω;)



c0363691_00005097.jpeg
信親の死によって元親は心の安定を失い、家運は大きく傾いて行きます。『長宗我部元親』の物語は、大河ドラマ化も呼び掛けられていますが、晩年の姿をどう描くかは大きな課題です。アトラクションはフィクションではありましたが、本当によく出来た感動の物語であったと思いました。



c0363691_00134016.jpeg
長宗我部元親の物語を描くとしたら、「姫和子」と呼ばれた少年期から、初陣を果たして「土佐の出来人」と呼ばれる成長期。天下を治める志を立て、智謀の限りを尽くして四国を制覇して行く発展期。そして、秀吉の軍門に下り、九州攻めで長男を失う衰退期の三部になるでしょう。アトラクションまで披露して下さった鉄砲隊の皆様、本当にありがとうございました。



c0363691_00292025.jpeg
『長宗我部フェス』は、アトラクションだけではありません。販売コーナー、ゲームコーナー、トークショー等、企画も様々あり楽しむ事ができました。


c0363691_00331530.jpeg
特に今回の大きな事件は、【土佐史談】の会員で、『土佐物語』の現代語訳版を発行された【中島重勝氏】と出会えた事です。友を得る事こそ、人生において最も大切な事だと思います。高知県に郷土史の友ができて、本当に嬉しい限りです。



c0363691_00382213.jpeg
次回、記事は、5月15日の『長宗我部まつり』へと続きます。



撮影地:高知県南国市/岡豊城。高知県立歴史民族資料館。『第7回長宗我部フェス』にて



撮影者:松本敏幸©︎








[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-05-14 23:58 | 戦国フェス

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん