第5回 長宗我部まつり


5月1日(日)は、高知市長浜の若宮八幡社で開催された『長宗我部まつり』に行ってまいりました。



c0363691_10232413.jpeg
『長宗我部まつり』に先立ち【元親初陣像】の前で『初陣祭』の神事が執り行われます。土佐の戦国武将【長宗我部元親】は、永禄3年の22歳の年、若宮八幡神社にて初陣の必勝祈願をされ、戸の本で本山氏を討ち破って初陣を果たされたといいます。



c0363691_10582142.jpeg
若宮八幡社の前には可愛らしい甲冑武者が集まっていました。幟旗の紋は【丸に七つ酢漿草(かたばみ)】。酢漿草は三つ葉の小さな植物ですが、地によく根ざして繁殖し、土佐七郡を制覇した元親に相応しい紋に見えました。



c0363691_10410821.jpeg
拝殿が左右に伸びる若宮八幡社の作りを【出蜻蛉(でとんぼ)式】といいます。「勝虫」とも呼ばれる「とんぼ」は戦の縁起を良くするといい、元親がそのように造くらせたと伝わっているそうです。



c0363691_11034744.jpeg
ここでは、『第5回長宗我部まつり』の無事と成功が祈願されています。女性の神主さんがとても凛としていますね。前に長宗我部元親と、その父国親の役をするお二方が座られていますが、今年の元親役も中学三年生の女の子だそうです。高知県は女性の活躍が目まぐるしい、と聞いていたのを思い出しました。



c0363691_11134646.jpeg
若宮八幡神社の前で記念撮影する、武者行列の参加者。こういう楽しいお祭りの思い出があると、自分の生まれ育った町を忘れる事なんてできないですね。どこに住み何の仕事をしていても、お祭りの日には生まれた町へ心が向かうのではないでしょうか。



c0363691_11234020.jpeg
大人の甲冑武者も良いし、赤い陣羽織を着た子供達もまた本格的な出で立ちで、とても良い武者行列でした。



c0363691_11293745.jpeg



c0363691_11331927.jpeg
本陣を模したメインステージに到着すると、会場からは大歓声が起こりました。



c0363691_11511022.jpeg



c0363691_12104424.jpeg



c0363691_12112279.jpeg



c0363691_12115605.jpeg



c0363691_12122922.jpeg



c0363691_12130174.jpeg



c0363691_12133958.jpeg



へんしゅうちゅう

[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-05-15 23:51 | 戦国フェス

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん