カテゴリ:戦国フェス( 5 )


平成29年5月20日(土)



c0363691_10134494.jpg



高知県南国市にある岡豊城址の高知県立歴史民俗博物館で催された、第八回「長宗我部フェス」に参加して参りました。
晴天に恵まれて、これまでで一番の良い天気と主催者を代表して宅間一之氏が挨拶。長宗我部鉄砲隊の祝砲と共にフェス開催となりました。
現在、岡豊城址の詰(本郭)には二年間限定で木造櫓も建造されています。戦国時代に四国の覇者として有名な長宗我部氏は、昨年は「真田丸」に四男長宗我部盛親もユーモアたっぷりの存在感を見せてくれていましたが、高知県では、ジョン万次郎、坂本龍馬、に並ぶヒーローです。様々に趣向を凝らし、高知県の人達が長宗我部氏を誇りとし大切にしている事がヒシヒシと伝わってきました。
また、宅間一之氏は高知県立中央図書館の館長で、土佐史談会の会長もしておられますが、我が郷土三間の軍記物語『清良記』を、三間史談会と土佐史談会で合同で研究するという提案もさせていただきました。大変有意義な高知行きとなりました。



c0363691_10032280.jpg



c0363691_10035973.jpg



c0363691_10073084.jpg



c0363691_10081262.jpg



c0363691_10084456.jpg



c0363691_10091383.jpg



c0363691_10095495.jpg



c0363691_10103733.jpg



c0363691_10111855.jpg



c0363691_10173180.jpg



c0363691_10175100.jpg



撮影日:平成29年5月20日(土)
撮影地:高知県南国市、岡豊城址
撮影者:松本敏幸©︎

(注意:写真の著作権を主張し、無断の複製、転載を禁じます。)





[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-05-20 23:59 | 戦国フェス

第5回 長宗我部まつり


5月1日(日)は、高知市長浜の若宮八幡社で開催された『長宗我部まつり』に行ってまいりました。



c0363691_10232413.jpeg
『長宗我部まつり』に先立ち【元親初陣像】の前で『初陣祭』の神事が執り行われます。土佐の戦国武将【長宗我部元親】は、永禄3年の22歳の年、若宮八幡神社にて初陣の必勝祈願をされ、戸の本で本山氏を討ち破って初陣を果たされたといいます。



c0363691_10582142.jpeg
若宮八幡社の前には可愛らしい甲冑武者が集まっていました。幟旗の紋は【丸に七つ酢漿草(かたばみ)】。酢漿草は三つ葉の小さな植物ですが、地によく根ざして繁殖し、土佐七郡を制覇した元親に相応しい紋に見えました。



c0363691_10410821.jpeg
拝殿が左右に伸びる若宮八幡社の作りを【出蜻蛉(でとんぼ)式】といいます。「勝虫」とも呼ばれる「とんぼ」は戦の縁起を良くするといい、元親がそのように造くらせたと伝わっているそうです。



c0363691_11034744.jpeg
ここでは、『第5回長宗我部まつり』の無事と成功が祈願されています。女性の神主さんがとても凛としていますね。前に長宗我部元親と、その父国親の役をするお二方が座られていますが、今年の元親役も中学三年生の女の子だそうです。高知県は女性の活躍が目まぐるしい、と聞いていたのを思い出しました。



c0363691_11134646.jpeg
若宮八幡神社の前で記念撮影する、武者行列の参加者。こういう楽しいお祭りの思い出があると、自分の生まれ育った町を忘れる事なんてできないですね。どこに住み何の仕事をしていても、お祭りの日には生まれた町へ心が向かうのではないでしょうか。



c0363691_11234020.jpeg
大人の甲冑武者も良いし、赤い陣羽織を着た子供達もまた本格的な出で立ちで、とても良い武者行列でした。



c0363691_11293745.jpeg



c0363691_11331927.jpeg
本陣を模したメインステージに到着すると、会場からは大歓声が起こりました。



c0363691_11511022.jpeg



c0363691_12104424.jpeg



c0363691_12112279.jpeg



c0363691_12115605.jpeg



c0363691_12122922.jpeg



c0363691_12130174.jpeg



c0363691_12133958.jpeg



へんしゅうちゅう

[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-05-15 23:51 | 戦国フェス

5月14日(土)は、南国市にある高知県立歴史民俗資料館の『第7回長宗我部フェス』、5月15日(日)は、高知市長浜にある若宮八幡神社の『第5回長宗我部まつり』に行ってきました。



c0363691_23062625.jpeg
5月14日は、暑いくらいの晴天に恵まれました。初日の会場、高知県立歴史民族資料館は、長宗我部氏の本城である『岡豊(おこう)城跡』でもあります。ベテランのガイドさんに、くまなく城跡の説明を伺う事ができました。



c0363691_23121866.jpeg
岡豊城から『長宗我部フェス』の会場を見下ろしました。大掛かりなイベントという印象ではありませんが、戦国時代に四国を制覇した【長宗我部元親】が好きな人達が集まっており、凄く情熱が伝わって来るイベントです。



c0363691_23362028.jpeg
10時からのオープニングイベントで、【長宗我部鉄砲隊】が砲術の実演をお披露目。毎年、大分県から参加している【大友宗麟鉄砲隊】の指導を得て、昨年に結成された鉄砲隊です。



c0363691_23405223.jpeg
そして、午後からは、戦国舞台をされている俳優さんと鉄砲隊によるアトラクション。その中で【大友宗麟鉄砲隊】による砲術の実演がされ、例年にない盛り上がりを見せました。



c0363691_23462502.jpeg
アトラクションの内容が大変よくできており、元親が長男信親を失う【戸次(へつぎ)川の合戦】が舞台でした。信親は島津との合戦で700名討死となる壮絶な最期を遂げていますが、その信親が生きて帰って来る物語となっていました。



c0363691_23544460.jpeg
信親を失い嘆く元親に涙したかと思えば、実は生きていたと再会を果たした元親と信親の喜びようにまた涙しました。そして、次に迫り来る敵を【大友宗麟鉄砲隊】が蹴散らし、宴の準備が始まると信親の姿がありません。それは、元親が見た束の間の幻だったのでした。(;ω;)



c0363691_00005097.jpeg
信親の死によって元親は心の安定を失い、家運は大きく傾いて行きます。『長宗我部元親』の物語は、大河ドラマ化も呼び掛けられていますが、晩年の姿をどう描くかは大きな課題です。アトラクションはフィクションではありましたが、本当によく出来た感動の物語であったと思いました。



c0363691_00134016.jpeg
長宗我部元親の物語を描くとしたら、「姫和子」と呼ばれた少年期から、初陣を果たして「土佐の出来人」と呼ばれる成長期。天下を治める志を立て、智謀の限りを尽くして四国を制覇して行く発展期。そして、秀吉の軍門に下り、九州攻めで長男を失う衰退期の三部になるでしょう。アトラクションまで披露して下さった鉄砲隊の皆様、本当にありがとうございました。



c0363691_00292025.jpeg
『長宗我部フェス』は、アトラクションだけではありません。販売コーナー、ゲームコーナー、トークショー等、企画も様々あり楽しむ事ができました。


c0363691_00331530.jpeg
特に今回の大きな事件は、【土佐史談】の会員で、『土佐物語』の現代語訳版を発行された【中島重勝氏】と出会えた事です。友を得る事こそ、人生において最も大切な事だと思います。高知県に郷土史の友ができて、本当に嬉しい限りです。



c0363691_00382213.jpeg
次回、記事は、5月15日の『長宗我部まつり』へと続きます。



撮影地:高知県南国市/岡豊城。高知県立歴史民族資料館。『第7回長宗我部フェス』にて



撮影者:松本敏幸©︎








[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-05-14 23:58 | 戦国フェス
    5月16〜17日、念願叶いまして初めて【長宗我部まつり】に行って参りました♫\(^o^)/
    『清良記を紐解く会』の勉強は、これから長宗我部元親との合戦がメインとなって行きますが、『清良記』では合戦の相手である元親を良く書いている事はなく、ややもすると郷土に攻めて来た元親の事を憎む気持ちにもなるでしょう。しかし、現代を生きている私達が争ったり憎み合って良い筈がありません。私は『清良記』を勉強する時に2回長宗我部氏の史跡めぐりをしましたが、高知の人達から愛され誇りに思われている元親の事がとても羨ましく、またとても好きになりました。これからは仇同士の関係を超え、共に高め合える関係になる事が本当に大切だと思いました。



    今年で4回目になるこのイベントは、16日に県立歴史民俗資料館で行われたのが【長宗我部フェス】、17日に若宮八幡宮境内で行われたのが【長宗我部まつり】というそうです〜(・∀・)ノ


c0363691_20550137.jpg

    上は歴民館の【長宗我部フェス】の出陣式です。好き者が集まって手作り感が満載で【長宗我部元親】への愛を感じました❤︎( *´艸`)


c0363691_21002534.jpg

【長宗我部元親飛翔の像】で写真を撮ってくれたスタッフの女性と記念撮影♫(/∀\*)


c0363691_20564143.jpg

    高知県立歴史民俗資料館は長宗我部氏発祥の地で【岡豊城跡】でもあります。「詰め(本丸)」で、松浦郁郎先生、岡本民夫&豊美様ご夫婦を撮影。岡本先生の奥様の名前の頭を並べると【岡豊】になるんですよね♫((*´∀`*))


c0363691_20572456.jpg

    こちらは2日目の長浜の若宮八幡宮での一コマ。大分県から参加している【豊後大友宗麟鉄砲隊】の方々です。長宗我部元親は大友宗麟の援軍として豊後(大分)に遠征しますが、戸次川の合戦で長男信親を失います。豊後の人達はそれ以来400年間信親の供養を続けて来たんだそうです。また大友宗麟はキリシタン大名でもあり、甲冑の胸にクルスが光っています〜( ノ゚∀゚)ノ


c0363691_20574501.jpg

    【長宗我部元親初陣の像】の前で記念撮影するキューブリックシアターの皆さん。
    この方達は【長宗我部元親ステージショー】で会場を賑わせてくれた4人。あいにく自分はカメラの電池が切れてしまったので、右端の谷口礼子さんにお願いしてブログの写真を使わせてもらいました。彼女じつはなんと!若宮八幡宮の武者行列では若き日の元親役をこなしています❤︎ヽ(〃∀〃)ノ


    この他にも、京都から来られた双子の姉妹で、戦国武将の家紋をデザインしたピンバッジ、ストラップ、ピアスケースを展示即売されてる【一点屋】さん。一緒に写真を撮ってくれた【戦国バサラ4】の元親コスの女の子。【長宗我部元親ファンクラブ】のSTAFFさんで、伊予国大三島の【鶴姫】のコスをしてる女の子と実は【藤堂高虎】が大好きなのに浅井長政のコスをしてる女の子。長宗我部元親のTシャツを巡って、「元親の兜ってシャアのパクリじゃないの?」って話した女の子。鉄砲隊の演技に熱く語り合っていた岡山ご夫婦などなど。いろんな人達と出会い、沢山の楽しい思い出を作る事ができました。。


    来年もまた行きたいな〜\(≧▽≦)/





[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-05-18 20:39 | 戦国フェス

宇和島伊達400年祭

3/29宇和島伊達400年祭オープニングセレモニーが華々しく開催。姉妹都市「大崎市」から借用した甲冑を身に付けた伊達五十七騎、大洲鉄砲隊、牛鬼、太鼓集団、宮本真希演じるお姫様、腰元等が宇和島の街を練り歩く。

c0363691_20064019.jpg

【写真は伊達五十七騎の一人水沢民部の甲冑を身に付けた歴ドル美甘子ちゃん。】

今年一年、宇和島の街は伊達400年祭に染まる。しかし、今年は宇和島・鬼北・松野が共同主催となる『第二回清良記シンポジウム』が鬼北町で予定されていると聞く。清良記を紐解く会としては、否が応でも戦国時代の宇和島や鬼北の動向に胸が熱くなる。とはいえ、清良記が書き上げられたのは江戸期に入って四十年の承応二年である。宇和島では藩主は秀宗から宗利への代替わり、和霊神社の創建、吉田藩の分藩問題等が起きて行く。秀宗の中風、執権を代行していた宗時の早生、後継となった宗利には後継者がいなかった事から伊吹八幡宮に卜占を頼み、得た御神託が和霊神社の創建であった。伊吹八幡宮の社名の所縁となった伊吹の双樹は、三間の武将土居清良の先祖鈴木重家が手植えされた物である。また土居清良は宇和郡を土佐長宗我部の侵略から守った戦の勝ち神様であり、戦国時代の武将としては長命の八十四歳まで長生きされた。和霊神社の御祭神山家清兵衛が亡くなった九年後まで生きていたのであるから、宗利も当然その人となりを知っていた筈と思われる。実に不思議な事に、清良神社も和霊神社創建の九年後に創建となる。ここに私は、何かしら非常に深い関係があったのではなかろうかと考えてしまうのである。

ちなみに山家清兵衛没年は元和六年。清良没年は寛永六年、清良神社創建は寛文二年。宗利の生年は寛永十一年。宗利は数え六歳で元服、二十二歳で家督を継ぎ二代藩主となる。

元和元年1615:初代秀宗宇和島入部
元和六年1620:山家清兵衛没
寛永六年1629:土居清良没
承応二年1653:和霊神社創建
寛文二年1662:清良神社創建

文責『清良記を紐解く会』三間史談会々員・松本敏幸(携帯090-1320-1508)

[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-03-31 20:00 | 戦国フェス

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん