タグ:清良記の城を歩く ( 4 ) タグの人気記事


2016.5.13(金)土居清良公の本城である大森城の支城『天神城』を巡ってきました。



c0363691_15411599.jpeg
『松峯城』の南麓に位置する元宗地区には、立派な屋敷が多く建ち並んでいます。



c0363691_15461142.jpeg
『松峯城』と『天神城』の中間にあるのは黒住教の集会所。江戸時代には元宗村庄屋があった場所だったと言われています。



c0363691_15505004.jpeg
元宗バス停から『天神城』を望む。竹林の見える麓へ行ってみましょう。



c0363691_15523905.jpeg
そこには、元宗地区の旧村社『天満神社』がお祭されています。石積みが立派なのは、江戸時代に有力な酒屋赤松家があった為だと思われます。



c0363691_15572012.jpeg
夏の青葉紅葉は、なんとも清浄な気持ちを与えてくれます。



c0363691_16015172.jpeg

c0363691_16030594.jpeg
拝殿に飾られた絵馬も、大変貴重な物ばかりです。



c0363691_16034780.jpeg
神社の狛犬達が、元宗地区を見守ってくれているように思えました。



c0363691_16063034.jpeg
天満神社の下の抜け道は、まさに知る人ぞ知る抜け道です。



c0363691_16075924.jpeg
元の道に戻った所で、偶然にもJR四国予土線の『海洋堂ホビートレイン02』にお目見え致しました♫\(^o^)/



c0363691_16192760.jpeg
元宗地区の東端に建つ『赤松家屋敷』。この後手から『天神城』へ登る事ができます。



c0363691_16203701.jpeg
山に分け入る道を真っ直ぐ入っていくと赤松家墓所。左に九十九折に登って行くと、赤松家の氏神を祀る小社があり『天神城』へと続きます。



c0363691_16225546.jpeg
赤松家の氏神を祀る『朝日神社/若宮神社』。最近、鉄製の覆殿ができました。尚、今回は赤松家の許可をもらって入山しています。



c0363691_16261975.jpeg
ほぼ藪のような山道を分け入って、西へ西へ進んで行くと石積みの並ぶ場所に着きました。そこからは東西に平地が七段続き、一つ下がって、また一段広い平地がありました。



c0363691_16342908.jpeg
一つ目の段を、南から北に向かい撮影。



c0363691_16354310.jpeg
同じく一つ目の段を、西から東に向かい撮影。東西に長く伸びる『天神城』には、古い天満神社の社があったとも言われていますが、その場所は定かではありません。



c0363691_16452331.jpeg

c0363691_16460163.jpeg

c0363691_16464734.jpeg
二段目は斜めに伸びており、三段目から四段目に懸けてあるのが水道施設です。宇和島市三間町の水は、隣の西予市野村町から引いていますが、一旦この施設に集められてから町内に送られています。



c0363691_16582149.jpeg
五段目の平地から、六段目となる土塁を撮影。



c0363691_16595677.jpeg
六段目から、七段目の平地を撮影。崩れたような石積みも見受けられます。



c0363691_17014807.jpeg
七段目の平地は楕円形をした広い平地で、西端の少し高まった場所が詰めと思われました。



c0363691_17073145.jpeg
詰めの先は、なだらかな下りの尾根となっています。



c0363691_17103050.jpeg
尾根の中程に、水準点を発見。



c0363691_17115150.jpeg
また上がって広い平地の段がありましたが、上がり端の東端に水準点がありました。西の平地は東の七段目と同じくらい広い平地でしたが、一段だけとなっており、その先は切岸となって行く手を阻んでいるように見えました。



c0363691_17142929.jpeg
水準点があるという事は、ここが『天神城』の頂上になるのかと思われます。平成7年発行の『三間町誌』には、標高180メートルとあります。



c0363691_17204660.jpeg
その後、赤松家の墓所をお参りし帰路に着きましたが、2時間を超えて余りある登山となりました。帰る途中で、また予土線と遭遇。大好きな、キハ23型の3号軌道車でした♫(^_−)−☆



撮影地:愛媛県宇和島市三間町/元宗地区、天神城



撮影者:松本敏幸©︎






[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-05-13 23:38 | 郷土史

2016.5.12(木)土居清良公の本城である大森城の支城『松峯城』に登ってきました。



c0363691_10381597.jpeg
大森城は西の麓、宮野下地区の板山地(いたやまち)から登るのが常ですが、この日は南東に連なる支城の麓に位置する元宗地区から『松峯城』に向かいました。



c0363691_10430989.jpeg
元宗地区の西端にある満徳寺池から望む大森城。標高315メートル。満徳寺は大森城のほぼ真南に位置します。



c0363691_10513881.jpeg
大森城から南東に張り出した支城『松峯城』は、標高260メートル。『清良記』巻二十三には遠見番を置く砦として描かれています。



c0363691_10583991.jpeg
南南西の方角には、『三間富士』と呼び親しまれる泉ヶ森(標高755メートル)、その中腹には土居中地区の新城(標高335メートル)が望めます。



c0363691_11083333.jpeg
元宗地区の『法雲山満徳寺』は、真宗大谷派の寺で、東本願寺を本寺としています。この場所は大森城と松峯城の中間にあり、大森城からは南南東、松峯城からは西に位置します。



c0363691_11175396.jpeg
境内の入口に馬頭観音を祀る小祠。この右手から『松峯城』へ登って行きます。すぐ上には、江戸時代の古いお墓が数段並んでいます。



c0363691_11264593.jpeg
すぐ上の平地までは堀切のような道が続いています。取り敢えず平地に辿り着くまで登って行きます。



c0363691_11293681.jpeg
平地に辿り着いたら少し休みましょう。この先は暫く尾根を歩くと、『松峯城』に向けて急峻な上り坂となります。



c0363691_11350510.jpeg
平地から少し下るように尾根が続く。



c0363691_11383870.jpeg
尾根の中程に水準点。



c0363691_11401699.jpeg
「胸突き八丁」と言うのでしょうか。岩肌が見えて来たら頂上が近い事が分かりますが、ここからがまた中々です。



c0363691_11441828.jpeg
頂上が見えてきましたが、大きな岩に貼り付くように木が繁っています。



c0363691_11473904.jpeg
『松峯城』の頂上は、大きな巨石であった事が分かりました。



c0363691_11534601.jpeg
17:30頃『松峯城』にて暫し黄昏る一時。現在は木の茂みがあり周囲をよく見渡せませんが、東南東の正面にある『岡本城』や、その背後に続く『一の森城』や『高森城』に睨みを利かすには、腕付けの砦であったろうと思われました。



c0363691_12052805.jpeg
急峻な岩山から下りるのは少し難儀。大杉を目当てに尾根に戻りましょう。



c0363691_12065418.jpeg
最初の平地。



c0363691_12073936.jpeg
満徳寺池を見下ろしたら一安心。昼下がりに登れば、太陽のある方角に下りて行けば良いので、迷う事はないと思います。



c0363691_12094287.jpeg
「おまけ」麓の畑で咲いていた珍しい木の花。




ご視聴ありがとうございました。次回は『天神城』へ登ります〜(o^^o)ノ"



愛媛県宇和島市三間町/元宗地区の松峯城にて撮影。撮影者:松本敏幸©︎





[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-05-12 23:35 | 郷土史

『清良記の城を歩く』-戦国時代のお城学習会ー第2回、ということで、「土居清良」の居城『大森城』に登ってきました。例によって、宇和島市内のホテルに宿泊されている「土居秀夫氏」を迎えに上がり、道中は史跡へのご案内をいたしました。




c0363691_10392572.jpeg

三間の入口となる『窓峠(まどんとう)』から、『大森城址』を遠望しています。ここは「弘法大師空海」も歩かれた遍路道で、深い山の中を歩いた先に、窓が開いたように明るく広い三間平野が広がっている事から『窓』の峠と呼ばれました。また、『窓峠』は「土居清良」の支城『正徳ヶ森城址』でもあります。また、井関農機を設立した「井関国三郎氏」の地元でもあり、氏が整備したことから『井関公園』とも呼ばれています。




c0363691_10405867.jpeg

三間小学校の校庭に建つ『明治百年記念碑』(昭和42年PTA建立)。「ひ」という題字は、当時愛媛県の教育委員長で、後に三間町の名誉町民となる「竹葉秀雄先生」の揮毫です。当時の今西寛一校長の趣意書によれば、『日本は「ひ」の本の国であり、男は「彦(日子)」、女は「姫(日女)」である』という竹葉秀雄先生の説かれる「ひ」の思想から選ばれた題字であるといわれます。(後ろに見えるのは、三間中学校と三間高等学校)




c0363691_10413400.jpeg

『三間高等学校』にも寄りました。三間高等学校は愛媛県では唯一の「農業機械化」があります。元は井関農機設立者で第一号名誉町民となる「井関邦三郎氏」が作った農業学校でした。井関氏が様々な農業機械を研究発明してきたことから、現在も三間高等学校では、新しい農業機械が発明されています。その入口に建つ「明徳を明らかにする」の碑は、昭和42年に創立20周年記念として建てられましたが、やはり「竹葉秀雄先生」が揮毫されています。題字は中国の四書の一つ『大学』にある「大学の教えは 明徳を明らかにするにあり 至善に止まるにあり 民に親しむにあり」が出典になっており、竹葉先生の座右の銘とされています。




c0363691_10422246.jpeg

竹葉秀雄先生のご自宅前にある『三間村塾之碑』。揮毫されたのは「安岡正篤氏」です。竹葉家は伊予河野氏の末裔で、江戸時代は三間郷宮野下村庄屋でした。竹葉先生は幼き日に父を日露戦争で失いますが、学問に志し、自宅を開放して、松下村塾を模範とする『三間村塾』を開かれます。私の祖父達の世代は、昼は学校で、夜は『三間村塾』で、竹葉先生から学問や武道を教わったのです。それが時の知事の目に留まり、竹葉先生は「安岡正篤氏」の『金鶏学院』に入学することになります。その『金鶏学院』で著された本の中に『土居清良』がありました。




c0363691_10452915.jpeg

土居清良の本城『大森城址』は、竹葉家からほぼ真東にあります。竹葉先生は『清良記』から土居清良の生き様を多く学ばれたでありましょう。また、ある少年の日の朝、竹葉先生は『大森城址』に向かい朝日が昇るのを待っていたそうです。そうした所、日の光に全身が包まれて、大きな感激とともに強い自覚が生じたといいます。竹葉先生は「人は少年の内に、そのような感激に包まれなければいけない」といわれており、それが愛媛県が独自の事業として取り組んで来た『少年式』の原型だともいわれます。




c0363691_10463303.jpeg

昨今の戦国時代ブームで、たえまなく登山者が訪れるという『大森城址』。4年前にはテレビ愛媛が取材に訪れ、私が『窓峠』を紹介し、松浦郁郎先生が『大森城址』を紹介する事もありましたが、今日は地元のケーブルテレビ局「U-CAT」が取材に来て下さっています。道なりに真っ直ぐ歩きさえすれば本丸まで辿り着く事ができますが、急勾配を歩く為、少々きついかもしれません。(所要時間はおよそ30分)




c0363691_10471851.jpeg

お疲れ様でした。( ^^) _旦~~(ただいま編集中)




c0363691_10491823.jpeg

参加者かおよそ75人。(ただいま編集中)




c0363691_10495742.jpeg

(ただいま編集中)





以上、松本敏幸Ⓒ





[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-03-21 23:00 | 郷土史

2016.3.19(土)宇和島市教育委員会 文化・スポーツ課 文化財保護係の主催する『清良記の城を歩く』ー戦国時代のお城学習会ー第1回目『中野殿河野氏の居城 高森城跡をあるく』に参加してまいりました。




c0363691_17194204.jpeg

宇和島市三間町の兼近地区集会所の前に集合する参加者。この日、2年間メールや手紙のやり取りをしてきた、東京都にお住いの「土居秀夫氏」に、はじめてお会いする事ができました。




c0363691_17303977.jpeg

高森城跡の説明をされる「武田利康先生」。武田先生は長年、高森城跡の調査を重ねて来られ、縄張りや希少植物の保護にも努められています。昨年は「高森城を愛する会」で、説明板を作られました。




c0363691_18330834.jpeg

白い髭の紳士は、愛媛大学名誉教授の「下條信行先生」。愛媛県の学芸員の多くは下條先生の教え子と言われます。3月20日の『清良記シンポジウム』では、コーディネーターを務められました。




c0363691_18411582.jpeg

高森城の標高は、378メートル。山頂の本丸は南北に60メートルあり、岩山を平削して、東西と北は切岸のようになっています。広い範囲を見渡せる位置にあり、戦略的に非常に重要な城であったと思われます。また、明治6年の記録で、雨乞いの祈願所であった事も分かっています。




c0363691_18550730.jpeg

小生が『高森城跡登山』の記念撮影をさせていただきました。この場にいなかった方も考えると、およそ40名の方が参加した事になります。(この後、土居秀夫氏を『迫目城』『妙覚寺』『熊野権現』等へご案内しました。)




c0363691_19031537.jpeg

その夜は、三間史談会主催『清良記を紐解く会』を開催し、『巻二十三』を紐解きました♫(^_−)−☆


以上、松本敏幸©︎





[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-03-19 23:00 | 郷土史

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん