尾道紀行④

地元の事でない事をあれこれ分からぬまま述べたくない気持ちがありまして、写真メインの記事となっております。


c0363691_18074747.jpeg

JR山陽線が走る煉瓦のガードは尾道の近代化遺産といえます。



c0363691_18105476.jpeg

ガードを潜らず、踏切を渡る神社がありました。



c0363691_18190062.jpeg

まさか社頭が踏切になるとは思いもしなかった事でしょう。大変危ない気もしますが、このような風景にも近代化を急ぎながら古き物を残そうとした先人達の気持ちが伺えます。



c0363691_18262235.jpeg

社殿の前に干された稲藁。訪れたのは11月21日でしたが、注連飾りを作る為の物でしょうか。



c0363691_18233413.jpeg

境内を掃除されるお嬢さんがおられました。お許しを得て掲載。神社が好きでよく掃除に来られているのだそうです。



c0363691_18324026.jpeg

踏切から反対側を見下ろすと道の向こうに随身門がありました。



c0363691_18362989.jpeg

門の両側に狛犬。そして、鉾の形をした石塔が建っていました。



c0363691_18421181.jpeg

その真向かいにもまた神社!!\(^o^)/



c0363691_18462722.jpeg

今日はこれくらいにしておきましょう。。



c0363691_18483371.jpeg

マリーナを歩きながら宿泊先へ。。



c0363691_18532047.jpeg

錆びた鉄骨と日に焼けたウッドデッキが素敵。



c0363691_18591283.jpeg

古い建物と新しい建物。



c0363691_19063743.jpeg

海の幸と山の幸豊かな尾道が、とても好きになりました。



つづく

[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2015-12-01 18:00 | 旅行

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん