タグ:清良記 ( 56 ) タグの人気記事


☐『清良記』を紐解く会より January 2018


c0363691_13562013.jpeg



 平成二十九年十二月十八日、伊井景三会長、安岡賢司理事、岡本裕之会員の四名で、竹葉秀雄先生のご命日『醒庵忌』に出席して参りました。主催は「ひの心を継ぐ会」の皆さんです。又、この日に合わせて竹葉秀雄先生の著書『土居清良』が復刻刊行され、一同歓喜に沸いた会となりました。

 ひの心を継ぐ会では、毎月第二金曜日の夜七時から九時に松山城東麓に位置する大和塾(元和光幼稚園)で『土居清良』の勉強会が行われます。三間も負けないようにしっかりと

『清良記』について学んで参りましょう。

責・三


c0363691_13565128.jpeg


c0363691_13572527.jpeg


c0363691_13574503.jpeg






[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-12-22 12:46 | 竹葉秀雄先生

☐『清良記』を紐解く会より

 昨年十二月に松浦郁郎先生発行の『清良記』を通読・解説が終了してから一年が経ちました。今年は一月から三間町指定有形文化財の古文書『清良記』の判読・翻刻をして参りましたが、作業をする中に先駆け全文翻刻をされた松浦郁郎先生のご苦労と功績の大きさを感じた次第です。

 新年からは『三間町誌』の勉強をしながら、『清良記』が紹介されている部分の確認作業を致します。各自『三間町誌』『清良記』をご持参下さい。

 また、十二月には竹葉秀雄先生(三間町名誉町民)が昭和十年に著された名著『土居清良』が復刻・発行されます。清良公に感銘を受けた竹葉秀雄先生が、その精神を余す所なく語っており、併せて勉強して参りたい所存です。


☐『竹葉秀雄先生』所縁の地をゆく

 十一月十日、松山から来た青年三名を、竹葉秀雄先生所縁の地にご案内しました。お名前は三浦夏南(こなん)さん、三浦颯(そう)さん、三浦杏奈(あんな)さん。この三浦さん達は竹葉秀雄先生の「ひ」の心を後世に継承・発展させたいと、「ひの心を継ぐ会」をつくられました。竹葉先生の名著『土居清良』も、この会から復刻・発行されることになります。




c0363691_13394954.jpeg


c0363691_13402044.jpeg


c0363691_13405510.jpeg


 道の駅「みま」で待ち合わせ、先ず向かったのが「窓峠」です。「窓峠」は『清良記』にも亀甲正著『竹葉家』にも登場する場所ですが、真下には旧宇和島鉄道のトンネルがあり、鉄道敷線に奔走した今西幹一郎や河野虎尾らは、竹葉秀雄先生の伯父に当ります。(写真①、②、③)



c0363691_13425896.jpeg


c0363691_13434062.jpeg



c0363691_13440866.jpeg


 三間小学校には、竹葉秀雄先生が揮毫した「ひ」碑があります。これは、昭和四十二年度PTAと今西寛一校長が建立した明治百年記念碑でしたが、三間町が宇和島市と合併する機会に松本が再建立させたものです。その経緯は勉強会にてお話します。(写真④)


 宮野下の三嶋神社には、竹葉家・三間村塾から譲り受けた大太鼓「雷(いかづち)」があります。これは大横綱双葉山が三間村塾に寄贈しています。(写真⑤)

 竹葉家の墓所は竹葉牧場の奥にあります。左右の石燈籠には左手に「河野氏」、右手に「竹葉氏」とあります。(写真⑥)



c0363691_13450374.jpeg


c0363691_13453548.jpeg


c0363691_13473046.jpeg


 竹葉家はかつて松下村塾を模範にした「三間村塾」という私塾でした。それは昭和三年頃から、竹葉先生の仁徳に惹かれた青年達が竹葉家に集まって、古事記や論語を勉強するうちに自然に塾となったもので、剣道、柔道、弓道、相撲などの武道も行われていましたが、昭和九年には「神道夢想流杖道」が正式武道となっています。竹葉家前の記念碑は、安岡正篤先生の筆によります。(写真⑦)


 三間中学校の和室には、竹葉秀雄先生の揮毫「明明徳」と双葉山の揮毫「剛健」が飾られています。この言葉は東洋思想「大学」からの出典で、「大学の道は、明徳を明らかにするに在り、民に親しむに在り、至善に止まるに在り」から来ていますが、三間高等学校にある創立二十周年記念碑にも「明徳を明らかにす」と揮毫されており、竹葉秀雄先生の人柄や信念が分かります。(写真⑧、⑨)



c0363691_13492536.jpeg



c0363691_13501863.jpeg




c0363691_13504410.jpeg



c0363691_13512852.jpeg


c0363691_13525157.jpeg


c0363691_13532549.jpeg



 午後からは、土居中の土居家に伺わせていただきました。そこで見せていただいたのは、土居清良公の「御胸板薬師如来十二神」と土居系図「土居氏一統系傳」です。(写真⑩、⑪、⑫)

 その後、三間町から鬼北町へ向かい、まず深田の河野家、そして好藤公民館を訪ねました。旧深田村庄屋の末裔で、旧好藤村初代村長となったのが、竹葉秀雄先生の母方の祖父「河野通倫」です。

日露戦争では竹葉先生の父・秀資が戦死する不幸が起こりますが、幼い竹葉先生を守り教育したのが、母と祖母、そして深田の河野家でした。(写真⑬)

 次に向かった愛治小学校には、校訓「愛人治心(あいじんちしん)」の碑があります。この揮毫は安岡正篤先生から贈られた物です。(写真⑭、⑮)


c0363691_13535852.jpeg


c0363691_13542370.jpeg



 そして、最後に訪ねたのが松浦健(たけし)先生です。健先生は三間中学校校歌を作曲しておられ、アコーディオンを演奏して一緒に校歌を歌って下さいました。また、訪問の為に三浦さん達も校歌の練習をしてきて下さっており、健先生にも奥様にも大変喜んでいただけました。そして、作曲に纏わる竹葉秀雄先生とのエピソードを伺いました。(写真⑯、⑰)


☐あとがき

 竹葉秀雄先生の『土居清良』の復刻・発行、そして三浦さん達との交流を持てた事は、本当に嬉しい事です。私は三間中学生時代に杖道クラブに所属しており、中学卒業から十年目に上甲一男先生と再会し「三間杖道会」と「愛媛県師友会ひの会」に入会していました。しかし、「ひの会」は二代目近藤美佐子会長が平成二十四年に亡くなられた後、翌年解散となります。その時の私の考えは、
「ひの会」が解散しようがしまいが、三間は何も変わる事はなく、難しい話は松山の先生方に任せて、私は三間で守るべきものを守ろうという思いでした。その一つが『清良記』の研究です。

今回の『土居清良』の復刻・発行は竹葉秀雄先生の命日「醒庵忌」に合わせて発行する為、少し拙速だったようにも思いましたが、今後のテキストにも加えさせていただき、三間も松山に負けぬよう切磋琢磨し、大いに勉強させていただこうと思います。

文責/三間史談会・松 本 敏 幸



[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-11-29 12:49 | 郷土史


☐『清良記』を紐解く会より


 清良記を紐解く活動は、今年の正月から宇和島市指定有形文化財「清良記三間土居旧本・巻第二十三」の翻刻を行ってきましたが、来年からは趣向を変え、三間町誌に見る『清良記』の紹介記事を確認しながら、『町誌』と『清良記』をダブルで勉強して参りたいと思います。

 尚、翻刻作業は有志で継続しますので、御志のある方は是非名乗りを上げていただければと思います。


☐「西南四国歴史文化研究会主催 梼原町研修」に参加して

 十月一日、予土交流会という事で梼原町に行って参りましたが、無医村の僻地で人口減少と高齢化率四十%超に悩んでいた筈の梼原町が、郷土の歴史と伝統文化を守りつつ、様々な国のモデル事業を牽引する自治体として復活しているという報告を耳にして大変感動致しました。

 ごみの収集は住民が行い、廃棄物を出さない燃料サイクルを実現。全ての住宅には無料の光ケーブルが引かれ、高齢者住宅と図書館を兼ね備えた施設にはドクターヘリが発着できます。

 そのような梼原町には古来より受け継ぐ津野山神楽があり、「壌一期(つちいちご)」という祈願がされていて、この世の続く限り継承せねばという強い思いがあるのだそうです。



c0363691_13294008.jpeg



c0363691_13303492.jpeg



三間史談会主催「岡本家研修」を実施


 十月八日、三間町迫目の旧庄屋・岡本家の研修を実施することが出来ました。これは昨年の「美沼の里・産業文化まつり」をきっかけに岡本裕之氏が三間史談会に入会した事で実現した訳ですが、裕之氏が家の歴史に関心を寄せるようになったのは、木下博民先生が『岡本家の矜恃』を発刊して下さったからだといいます。

 又、池本覺先生は東京在住の岡本健氏(裕之氏伯父)と岡本家系図について発表された経緯があり、今回は特に詳しい解説を担当して下さいました。又、今回の研修で一番大きな苦労をされたのが武田利康先生でした。武田先生は岡本家庭園の測量をして下さいましたが、夏の盛りに何度も足を運んで下さり、立派な平面図と鑑賞を発表して下さいました。



c0363691_13323692.jpeg



c0363691_13332314.jpeg



竹葉秀雄著『土居清良』の復刻について

 久松定武県政で県教育委員長を三期十二年勤められ、三間町名誉町民となった竹葉秀雄先生は、昭和十年に『土居清良』という本を著しています。これは『清良記』の解説書で、かつて三間史談会でも、故二宮虎雄先生の解説で、第二土曜日の午前に勉強をしておりましたが、この本が復刻・刊行されるという計画が進んでいます。

 中心的に動かれているのは、大森城登山でご一緒した北増穂の二宮敬和氏です。現在、二宮氏は竹葉秀雄先生の教えを勉強する「ひの心を継ぐ会」の顧問をしておられて、刊行するのは、この「ひの心を継ぐ会」からという事になります。そういう私も会員で、十月十六日には原稿の直しを手伝わせていただきましたが、現在、松山で勉強しているのは二十歳前後の若者達が中心で、今尚竹葉秀雄先生の威光が輝いている事を感じて大変な感銘を受けています。


三間三嶋神社の秋祭り

 台風一過。十月二十三日は晴天に恵まれて、無事に秋の祭礼が執り行われました。

 三間三嶋神社は、天平十年三月二十三日、伊予国主河野玉澄によって大山祇神社から勧請された三島大明神で、三間・鬼北にある神社では最も古い歴史を有しています。中世の三嶋神社は『清良記』に度々登場し、著者「水也」は三嶋神社の神官であったといいます。近代では郷社に列せられ、地域の尊崇を集める由緒ある神社です。これからも秋の祭礼がずっと続いて欲しいと思います。



c0363691_13340116.jpeg



c0363691_13342319.jpeg



文 責・三 間 史 談 会 松 本 敏 幸



      


[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-10-25 13:10 | 郷土史

 『迫目城』は、泉ヶ森の北麓に屏風を立てたように東西に細長く在る。三間町誌には「西城」「中城」「下城」からなる三連城として紹介しているが、標高は、一八九㍍、一九六㍍、一九一㍍。比高差は約三五㍍で、中程に旧庄屋岡本家が居を構えている。

 一方『清良記』にはユニークな名前と共に、この城で起きた合戦の様子が幾度が記述されているが、岡本城よりも多く登場していながら全く有名になっていない。その『迫目城』ではない、そのユニークな名前の数々を紹介しておきたい。



□『巻十一』三、豊後勢、三間へ打ち入る事

「同(永禄九年)七月二十六日に、豊後勢三分の二はかりたると聞こえしが、二万あまり板島、立間尻へ上がり、曽根、是房、無田(務田)、戸雁へ打ち出てて、深田、中野、河原渕、西の川まで放火す。城主ら一人も出でず見下ろして、二十六日までも居たり。土居、有馬は毎度むつかしきいくさする武士なればとて、古々和泉は明神山、温井右馬助は鼡の尾、赤星民部は下森に上り、面々に向城を取りて押え居たり。中にも秋月主膳は、土合という平地に陣取り居たり。」 (清良記松浦郁郎校訂より)

 清良記松浦郁郎校訂の一四九㌻下段、左から五行目に登場する、温井右馬助が陣を構えたとする「鼡(ねずみ)の尾」は、迫目城の「下城」である。それを巻十一だけで特定することは難しかったが、後に紹介する巻十九によって特定が可能となった。ここでは、豊後勢が大森城に詰める土居勢を包囲するように向城を取ったという事から、大森城を正面に見据えられる山である事。そして、後に大雨で三間川が氾濫し、明神山に布陣した古々和泉だけが孤立したという記述がある事から、三間川より南側の山という事が分かるだけであったが、「鼡の尾」という例え方は、いかにも「下城」らしい。



□『巻十九』一、山内外記武勇の事

「清良、こたびはわずらいなれば出合わられず、西園寺殿出馬ありて、迫目村中の城に本陣を置き、当番なれば中野通正、深田の城代林豊後守は下浄土の森に出陣す。」 (清良記松浦郁郎校訂より)

 『迫目城』が合戦場として大々的に登場するのが清良記松浦郁郎校訂の二五三㌻から始まる巻十九であるが、土佐が三間に攻め入った時に宇和の旗頭西園寺公広が本陣を置いたという「迫目村中の城」は迫目城の「中城」と見て間違いない。

 ところで、巻十九で特筆すべき事は、岡本合戦で討死した三人の大将の内の一人と言われている山内外記が、『清良記』では岡本合戦ではなく、迫目城の合戦で討死しているという事である。そして、芝一族も中野殿も土佐にはまだ内通しておらず、何より西園寺殿が自ら采配を取っている姿が、岡本合戦とは全く印象を違えている。



□『巻十九』十、土居七口の鑓、土佐方の軍大将山内外記を討つ。併、小大将古山但馬、佐川宮内を打ち取る事

「山内は、案深き敵なり。味方疲れたりといえども、今日の軍すでに五口、勝ちは八度なれば、敵はおくれ味方はきおいありしかども、このまま疲れ武者ども荒ら手の山内が勢と差し向かいて戦わば、心はたけしといえども、手足くたびれて心に任せぬことあるべし。ここにこそ謀のいるところなれ。清良案ずる行(てだて)は、先刻、土佐方を打って取り、拾いたる旗、差し物をことごとく取り持たせてさし上げ、外記が味方の勢と思わせ、彼が後ろより旗本へ押し寄せ、油断したるところを、侍も皆々鉄砲にて山内が勢を打ち立てたらんには、何の雑作もなく攻めくずすべしと思うが、面々この行(てだて)はいかにとありければ、皆、もっともときおい立ち、さらばとて人をすぐり、二百余人に西城馬爪へ土佐者の旗ささせてつかわし。清良は百余人にてこれも若藤が旗をささせ、伝久院に上がり、河添には土居の旗ささせ。ねずみの尾より蜂の巣へかかりければ、山内これに向かい、土居は小勢なり、取りこめて打ち取れと、下知(げち)す。河添、心に思いけるは、かりそめにも大将の旗を立てるは、わが冥加(みょうが)なり、少しもおくれなば、外記をば謀の勢に討ち取らるべきぞ。我こたび外記を討ち取らずんば、二度(ふたたび)弓矢を手にとるまじと、心中に誓いて出でけるは、たのもしくこそ見えにけれ。」 (清良記松浦郁郎校訂より)

 清良記松浦郁郎校訂の二六二㌻天正三年二月二十八日の暮れから始まる戦は、元親の弟親泰が指揮を執り、千余騎にて三間へ攻め入るが、迫目にて大将山内外記が討死している。二六五㌻下段の最後から、二六六㌻の始めにかけての記述には「西城馬爪」「ねずみの尾」の名前があり、更に続く「蜂の巣」の名前から、迫目城の「下城」と特定する事ができた。この名前は、「下城」の麓を流れる三間川に架かる「蜂の巣橋」として今も残っている。なぜそのような名前なのかは不明だが、『清良記』にある名前として、これからも大切にして行けたらと思う。
(写真は、三間の郷社三嶋神社から望む泉ヶ森と迫目城。)



c0363691_18384190.jpg




[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-08-23 18:36 | 清良記

はじめに


愛媛県宇和島市三間町出身で、清良記研究をしている松本と申します。この度は縁あって土佐史談会に寄稿させていただきました。私の研究主題は「岡本合戦の年数」についてです。清良記は軍記である為、批判的に解読する必要がありますが、岡本合戦時、領主の土居清良は三十六歳。合戦後に岡本城の城代となり、江戸時代には土居中村庄屋にもなる土居良伯(真吉新左衛門)は二十三歳。そして後に三間郷社三嶋神社の神主となり清良記を著す事になる土居水也(真吉水也)は十代。岡本合戦では大叔父の土居似水が討死しており、供養もあれば年数に勘違いがあるとは考えにくいのですが、清良記の岡本合戦の年数は、著された時から天正九年。しかし、それを教えてはいけないという、暗黙のルールが三間の郷土史を支配してきました。私はそれに異を唱え、郷土三間の枠を超えて同志を募って来ました。岡本合戦の年数は、高知の旁にとっても大切な筈。どうか一緒に研究していただけたらと思います。



「土佐史料に見る岡本合戦の年数批判」


松 本 敏 幸


岡本合戦が登場する最も古い文献は元親記。しかし、そこには年数の記述がなく、長元物語にもない。ところが江戸中期の土佐軍記には天正七年の記述がある一方、同時代の土佐物語は天正九年を記述している。結局、このような混乱は、元親記に年数の記述がなかった為であるが、なぜ土佐軍記は七年とし、土佐物語は九年としたのか、その理由を明確にする必要がある。


江戸中期には戦国時代の研究が盛んに行われたが、捏造や改竄も行われた。土佐国編年記事略には各文献を併記しながら岡本合戦の年数批判をしているが、その根拠となる文献は見当たらない。佐竹系図も久礼村常賢寺蔵佐竹系図は七年であるが、蠧簡集佐竹系図は九年である。最終的に龍澤寺俊派の六年の文書に名前のある山内俊光が、高岡郡多郷村加茂社の棟札では七年から親光となっている事を上げているが、到底年数を裏付ける根拠とは言えず、ただ分かるのは「何も分からない」という事だけである。


ところが土佐軍記の記述は拡大し続けて至る所に増殖を見る。遂には伊予河野家の文献が採用。それを、伊豫史談の古老が定説とした事から、愛媛県編年史は勿論、三間町まで土佐史料を用いて岡本合戦を語る始末となる。高知の旁にも怒りを覚えてもらいたいのは、愛媛県編年史に紹介されている土佐国編年紀事略の引用が、天正七年説の揺るがない根拠となるように細工されている事である。これは編集に深く関わり、また影響を与えた伊豫史談の古老に負う産物であろうが、二箇所の引用を前後入れ替えて張り合わせ、天正八年の時点で岡本合戦の年数について確認があった文書であるかのような印象を持たせている。これは宇和島市立図書館を通し、高知県立図書館から前田和男校訂『土佐国編年紀事略』を借りて、初めて分かった事であった。


しかし、ここまでして伊豫史談の古老達は清良記の天正九年の記述を抹殺したかったのであろうか。河野家の文献が七年であった事が動機であろうか。その留目を刺したと思しきが、愛媛県歴史文化博物館研究紀要第3号の「岡本合戦が天正七年に起きたことは、すでに先学の指摘するところであり、天正九年のこととする清良記の誤りは明白である」という言葉である。故に、私は怒りを覚え、誰に憎まれようともこの宣伝をやめない。本当に清良記の誤りは明白だと言えるのか?ならば天正七年は本当に正しいのか?本当に明白だとまで言えないのであれば、愛媛県立歴史文化博物館は文書を取り下げて謝罪しなくてはならない。


もう少し土佐史料を批判しなくてはならないが、先に述べたように清良記の岡本合戦の年数は天正九年であり内容は豊富。元親記は年数がなく記事は簡素であるが、二書の間に矛盾はない。故に矛盾は長元物語に始まり、土佐軍記によって拡大される。矛盾は内容だけではなく、地理的な面から言ってもおかしいが、軍記は多かれ少なかれ創作である。ここでは元親記に話題を戻す。



「元親記上

久武兄内蔵助打(討)死之事付(けたり)

   内蔵助有馬湯治之事

 去程に、この内蔵助(久武親信)と云う者は、家老頭、武篇(辺)才覚、旁比類無き者にてありしなり。之に依り豫洲中郡より南伊豫分の軍代を申付けらる。先ず豫洲何原州(河原淵)の城主一覚・西の川四郎右衛門・菅田・北の川・魚無(成)城主共内蔵助旗下へ降参す。斯りける処に、南伊与美間(三間)郷の内、城数五つあり。その内岡本と云ふ城、手合する者ありて、忍び入りて之を取る。内蔵助この城へ人数を差籠むべしとて、懸助け候処、残りの城より取出て合戦す。爰にて内蔵助打果てたり。その後は前の内蔵助の跡(後)を弟彦七(親直)に云付けられ、又内蔵助になされしなり。次に右の内蔵助、先年有馬湯治に上り、三七日入る。折節太閤様筑前殿と申せし時、御湯治なされ、内蔵助御相湯に入申す。(中略)この内蔵助と云ひし者は、万事に案深き者にて、元親卿󠄁も耻られ候ひて、残りの老どもよりは挨拶各別なりし者なり。」

(山本大校注『四国史料集』)



元親記の岡本合戦は上巻の最後に登場するが、久武内蔵助の存在を大きくした上で、過去に秀吉に会ったという話を添えている。この並びは、中巻の最後が内蔵助の弔い合戦と秀吉の軍門に下る話で終わるのに似ていて印象を重ねる。そして下巻に向かう気持ちを整えるのであろう。元親記の並びは年数順ではなく、意図して並べてある事に気付く。元親記に登場する南伊予攻めは、岡本合戦・三滝合戦・弔い合戦の順だが、清良記では、三滝合戦・岡本合戦・弔い合戦である。となると三滝合戦に登場する内蔵助が兄か弟かが気になるが、清良記では当然兄。長元物語以後の史料では弟となっているが、元親記は兄とも弟とも記述がない。その答えになるか知れないが、土佐国編年紀事略に弟内蔵助は天正十二年秋に伊予国軍代となったとある。もとより岡本合戦の次の合戦が弔いとなるのが自然であろう。三滝合戦は八年が定説となっている。その前が岡本合戦であれば七年となり、後であれば九年となる。ここに一先ずの決着を見る。



以上



c0363691_23392028.jpg



追伸、第八回「長宗我部フェス」から早や一月が経とうとしていますが、なかなか筆が進まず没稿が増えるばかりです。何事も簡単ではありませんが、精いっぱい自分の人生を生きるという事をしたいと思うています。皆様の応援をよろしくお願いいたします。松本


写真は、愛媛県宇和島市三間町土居中に鎮座する清良神社。参道の石段の上にある二の鳥居から望む境内。













[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-06-12 23:06 | 郷土史

□ 論文「岡本合戦の年数問題」について

 西南四国歴史文化研究会の機関紙「よど」17号に掲載した論文「岡本合戦の年数問題」を当ブログにて公開します。論旨を明確にし多岐に渡らせない配慮をしています。今後は土佐史料批判に特化した論文を発表していく予定です。管理者(松本敏幸)




 以下、「岡本合戦の年数問題」原稿より




『岡本合戦の年数問題』

                                   三 間 支 部 松本 敏 幸


はじめに


 平成二十七年度の総会、『天正期宇和郡の政治情勢と戦国領主たち』と題して石野弥栄氏が「岡本合戦前後の宇和郡内の政治情勢」を語るとの案内をいただき、大変緊張して会場に向かいました。岡本合戦とは、天正年間に三間の『岡本城』(現宇和島市三間町土居垣内)を舞台にして起きた、三間の土居氏と土佐の長宗我部氏との合戦ですが、年数に諸説あり理解に混乱が生じていました。そして、天正七年が定説とされたことで、天正九年のこととする『清良記』の誤りは明白だと言われ、三間町の郷土史学習でも『清良記』を用いて岡本合戦を紹介することがなくなっていました。問題は年数が何年なのかということではなく、貴重な郷土の宝物だと思われていた『清良記』が、実は信頼できない文書だと軽んじられたことにあったのではないかと思います。しかし、『清良記』が軍記物語であっても全てが作り話で片付けられるでしょうか。岡本合戦に関しては、これまで定説だと言われてきた天正七年説こそ、よく検証していただけたらと思います。



 第一章 清良記に見る岡本合戦


岡本合戦は、『清良記』によれば天正九年五月二十三日の夜とされています。


『巻二十三

一、岡本合戦の事

天正九年五月二十三日夜は、月待ちとて出家、山伏、諸侍、大森へ

登城出仕して本丸権現堂より六間の座敷に居こぼれける。総じて毎月

二十三日の暮れより、霊妙院日谷山の僧秀栄登城し、翌二十四日の愛

宕講の勤めあり。

かかりける所に、松宗の遠見番一人走り帰りて申しけるは、

岡本の城、宵より異なる体に聞こえ候。西藤右衛門を通正討たるる

か、藤右衛門心がわりなど仕候か

と、申しければ、清良聞きて、その異なるさまはいかにと尋ぬるに

まず二、三の丸はいかにもしずまりて、本丸には火どもあまた所にと

もし、笑声なども聞こえけれども、また恐れたるようにもありて鳴り

はしずまらず候はいかさま不審なるようすに候

と、申しければ、清良つくづくと案ぜられて、

さては藤右衛門を討つにはあらず。必定土佐方の者を引き入れした

ると覚ゆるぞ。当番の侍ども走り向かって見よ

と、ありければ、

承り候

とて、川添喜左衛門、土居右衛門、同大炊助かれこれ二十七騎、物

の具ひしひしとかためて、使い番には土居小次郎、同弥次郎。走り着

きてこれを見れば、案に違わず元親勢百騎ばかり本丸へ引き入れて、

草ずりのまま食事最中とぞ見えし。

 西は三の丸に出て警固して居たりしが、元来、彼臆病にてや、なまじ

いなる事を仕出かし、末々までいかがあらんずらんと、今は案じわず

らいたる体にて、太刀をつえにつきて居たるところへ、川添つつと近

づき寄り

 ご辺はかかる大事仕出かし給い、命を的にかける天魔の所為なるべ

し、急ぎ土居へ参りて陳じ申されよ。しからずば、ただ今それがし、

ご辺が首をはねて持参すべし

 と、気色をかえておどしければ、西は元来思案して居たりけれが、

川添の言葉を聞いてうれしく思い

ともかくも頼み入る間、清良のご前、ご自分に任せ置く

 とて、大森へまかり出たりける。

              (『清良記松浦郁郎校訂』三一六頁より)


「月待ち」は、勢至菩薩の化身である下弦の月を拝む講で、毎月二十三夜に行われます。下弦の月は深夜に昇ってくるので、それまでは深い暗闇となります。「愛宕講」は、火伏の神である愛宕権現を拝む講で、毎月二十四日が縁日とされていました。大森城の本丸には、その権現堂があったとされていますが、六間を「ろくま」と読むにしても、「ろっけん」と読むにしても、大きな建物があったことがうかがえます。本丸は、東西に八十六メートル、南北に十三メートルあり、広さは十分かもしれません。

さて、『清良記』では、岡本城への土佐勢の侵入を不意打ちとは伝えていません。岡本の城代西藤右衛門は巻十五にも名前が登場しますが、一条に人質に出されていた息子の竹森を清良に取り戻してもらった縁があり、土居との関係は良かったと思われます。それで岡本城の異変に逸早く気付くことができたのでしょう。『清良記』では、岡本の城主中野通正が土佐勢を引き入れたと伝えています。

そして、合戦となります。本丸に籠るのが土佐勢百余騎。本丸を奪還しようと攻めるのが、土居二十七騎と加番七十余騎です。この加番衆は、巻二十二に記事になっている、天正九年三月初め、河原渕、定延、西の川、魚成、北の川に五百余騎さし置かれた、元親の加番の武士に対抗する為、清良が西園寺殿に要請して中野と深田に置き込ませていた有馬、板島、熊崎からの加番衆です。

また、鉄砲は土居だけが持っていたのではありません。土佐も当然持っており、三間勢も二十人が負傷します。土佐勢を三十八人討ち取り、土佐方の玉薬が切れたところで、「夜明けなば城に火をかけて、一人も残らず焼き殺せ」と言う者がいましたが、それを制したのは清良でした。


『大事の前の小事にかかわらうことなかれ。たとえ後より土佐勢何万騎寄せ来るといへども、元親が領内三ヶ国の武士なるべし。日本を引き請けて戦うとも、謀をもって勝つことは戦の習い、元親が者ども攀会を働くとも何程のことかあるべき。打ち破らんことは掌の内なり。』 (『清良記松浦郁郎校訂』三一七頁より)


 その後、六節では、岡本城本丸の捕虜六十八人は無事土佐へ送り返されており、中村の為松城主吉良左京進(元親の弟)からは返礼もあったといいます。



第二章 清良記を用いない郷土史学習


 このように『清良記』の岡本合戦は非常におもしろいのです。それなのに三間の町誌や郷土史学習は、『清良記』の岡本合戦を全く紹介してきませんでした。平成六年発行『三間町誌』には、「土居清良にとって最大の合戦」(一五五頁)、「『清良記』最大の大勝利を挙げた合戦として有名」(一九四頁)と書きながら、具体的な戦略の説明は『清良記』の内容ではありません。また、平成二年発行の『三間町二名地区遺跡詳細分布調査報告書』では、資料No.3「清良記」とした上で、全く別物の内容を紹介していますが、この間違いは、昭和三十九年に発行された『三間町誌(岡本千戈編)』の岡本合戦の記事を『清良記』の内容と誤解したことによるのかもしれません。多くの人は古文書を手に取って読むことはできません。町誌は身近なテキストですが、『清良記』の内容を紹介しているのか、別の史料の内容を紹介しているのかを明記していない為に誤解が広がってしまったのではないかと思われます。しかし、そもそも、どうして『清良記』の内容が紹介できなかったのでしょうか。これは深刻な問題と言わざるを得ません。

それが『岡本合戦の年数問題』です。

『清良記松浦郁郎校訂』の四三九頁には、「土居式部大輔清良年譜」が収録されていますが、巻二十三の岡本合戦が、巻二十二より前の天正七年の枠に記載されています。しかし、なぜそうなのかという理由は書かれていません。じつは、この年譜は『土居清良公三百五十年祭記念誌』からの転載なのですが、そちらの四五頁に理由が書かれています。つまり、「清良公の生涯における最大の激戦であった岡本、橘合戦は、清良記では天正九年と記述されているが、今日では他の史料によって、天正七年が定説になっているので、この年譜もそれに順じた。」という理由でした。

 平成二十七年三月に発行された『新宇和島の自然と文化(二)』一四七頁には、「三間の中世の城跡」として岡本城跡が紹介されています。頁に限りがあり十分な説明ができなかったと伺っていますが、『清良記』の内容が紹介されました。

 

「『清良記』によると、天正九年五月二三日、河野道正、長曽(宗)我部元親に通じ、土佐軍の侍大将虎之介をはじめ百騎ばかり岡本城に引き入れる。土居清良ただちに城山に攻め上がり奪回する。「岡本合戦」

 翌二四日朝、長曽(宗)我部勢七〇〇〇騎に対し無勢の清良は知略により迎撃追撃して大勝利をあげた。世にこれを「橘合戦」と呼び有名である。」

               (『新宇和島の自然と文化(二)』一四八頁より)


 『清良記』での長宗我部勢は三千八百余騎。ここだけ他の史料によっていますが、ここまで紹介していただけたことは大変な感動でした。しかし、年譜と同様に「清良記には岡本・橘合戦は天正九年となっているが、天正七年が定説である。」という但し書き付きになっているのでした。



 第三章 定説とされた天正七年の根拠


 では、愈々、定説とされた天正七年の根拠について、一つ一つ検証をしてみたいと思います。先ずは、平成十年発行『愛媛県歴史文化博物館研究紀要第3号』です。その六七頁には、「岡本合戦が天正七年に起きたことは、すでに先学の指摘するところであり、天正九年のこととする『清良記』の誤りは明白である。」と書かれています。執筆者は石野弥栄氏。本文に付されている註⑿を確認すると「久延彦「岡本合戦の年月に就いて」(『伊予史談』一一三号、昭和十八年)、『愛媛県史』古代・中世第四章。『愛媛県史』資料編古代・中世二二三五~二二三七号。」とありました。それらも全て確認しましたが、『愛媛県史』古代・中世第四章の執筆者は石野氏自身でした。そこには何の説明もなく、天正七年の頁に岡本合戦らしき記事を書き、括弧書きで資料編の文書番号を付けていますが、資料編を確認すると、どの文書にも年数の記述はなく、編者が(天正七カ)と註を付けているに過ぎませんでした。つまり、『愛媛県史』は天正七年説の根拠にはなりません。指摘の根拠が説明されてないのですから、これでは久延彦氏の指摘だけが根拠と思われても仕方がないように思います。

 次に、久延彦氏の指摘ですが、久氏は、「この戦の年月に就いては従来異説があって適従するところを知らない」としながら、何年説が正しいかを検討しなければならないと、一つ目に紹介した『西園寺公広より緒方與次兵衛へ与えた感状』を以て、直ちに「この文書によって天正七年が正しいことが証される。」と結論づけています。しかし、この感状は本当に当時の物なのでしょうか。


    『猶々子々孫々迄及揚名如此候已上

今度中野通政実子之男末並西両人企謀反土州衆引籠岡本之城切

取候処、当日切帰候刻、其方無比類手柄被ㇾ仕候に付、豊州土

州従両国取懸候砌及加勢、□□所□海陸対当家、数度之忠節候

間、ほうびとして知行十貫分可差遣候請取次第也可有言上者也

  天正七年五月廿八日      公  広  判

    緒方與次衛殿

              (『伊予史談』一一三号・五五頁より)


 緒方文書は、河野通賢を中野通政と記述していたり、西藤右衛門の名前が記述されていることから、『清良記』の影響を受けて書かれている可能性があります。また、河野通賢に謀反の企てがあったという記述は『清良記』と一致しますが、首謀者を実子之男と西両人としているのは、河野通賢が岡本城に逸早く駆け付けたとする河野文書との整合性を考えたのか、もしくは『清良記』を読み間違えたからではないかと思われます。しかし、西園寺殿の感状に西の名前が出たりするものか。また、緒方氏が岡本合戦で手柄を立てたとすることにも信憑性がなく、豊州を登場させていることにも疑問が残ります。おそらくは、各文書が出揃った江戸時代に創作された感状と見るのが適当ではないでしょうか。

 また、その傍証として『音地松本家文書』『四国軍記』『土佐国編年紀事略』が紹介されていますが、『音地松本家文書』は河野文書とほぼ内容が同じもので、岡本合戦については土佐の文書をもとに、河野通賢が活躍したように編集されています。『四国軍記』とも言う『土佐軍記』は、元禄十五年に小畠邦器によって発行されたと言いますが、底本にされている『元親記』と『長元物語』には、岡本合戦や三滝合戦に年数がなく、「岡本合戦=天正七年」「三滝合戦=天正八年」とした根拠が不明です。また、「岡本合戦→三滝合戦」の順で並べている為、『長元物語』より後の文書には、三滝合戦に「後の久武内蔵助」のような記述があるのかもしれませんが、『元親記』には「後の」という記述はありません。それよりも、はっきりと久武二男内蔵助(親直)が兄(親信)の弔い合戦をするのは、後に天正十二年とされる合戦になっており、弔いに五年も空く方が辻褄の合わないことのように思います。故に、「三滝合戦→岡本合戦」の順が本当ではないかと疑われます。『土佐国編年紀事略』は、中山厳水が郷土史料を研究し、没後の弘化四年に谷影井によって発行されたものですが、江戸時代の歴史研究も近現代のそれと変わらず、不確かな限られた史料をもとに、大いに試行錯誤していることが見て取れます

 このようにしてみると、定説とされた天正七年の史料的根拠は若干不確かであり、「清良記の誤りは明白である」とまでは言い切れないような気がします。



第四章 3タイプある岡本合戦


 ところで、岡本合戦の文書は大きくタイプに集約ができます。それは、当事者である、土居、長宗我部、そして、戦場となった岡本の領主、河野の3タイプです。そこで三者の立場を検証し、岡本合戦への理解を深めてみたいと思います。

 先ず、土居にとって岡本合戦は勝戦であり、「都までもかくれなく聞こえたるはこのときの軍」と、誇らしい出来事でした。表現が誇張される可能性は否めませんが、誰より当事者の立場にあり、合戦当時、土居清良は三十六歳、合戦後に城代となる真吉新左衛門は二十三歳、そして、『清良記』の著者水也は凡そ十歳。その後、三人は晩年まで三間に住しており、討死した似水の供養もあったでしょうし、年数や大まかな内容で嘘を付いてまで宣伝する必要は感じられません。

 一方、長宗我部にとっては負戦であり、三人の大将を失った痛手はありますが、四国統一の為には、僅か一日の負戦に囚われてはいられません。『元親記』は、大将久武内蔵助が打ち果てたことにしか言及していませんが、『長元物語』では、岡本城本丸を乗っ取った竹内虎之介と聟弥藤次の悲運物語に変質。『南海通記』や『土佐軍記』では更に話が盛り込まれますが、発行の早い順に岡本合戦の記事の年数を並べると「無→無→八→七」となり、確かな記録がなかったことが分かります。

そして、一番立場が難しいと思われるのが河野です。河野は岡本城の城主でしたが、『清良記』や緒方文書によれば、長宗我部に内通して謀反を企てていたことになっています。しかし、『予陽河野家譜』『河野系図』『伊予二名集』では河野通賢が逸早く岡本城に駆け付けたことになっており、そこに大きな矛盾を発見するのです。なぜなら、それが本当であれば河野は城主の務めを果たしていることになり、土居が河野を差し置いて褒美をいただくことはないし、何より岡本城が土居の城になることはなかった筈だからです。


『翌二十五日早天に、西園寺殿後詰めとして出陣ありしかども、かく

静まりたるによって妙覚寺にましまし、諸侍召し集め、まず清良の大

功を感じ褒美せられ、西園寺家重代の長光の太刀、同刀、馬二疋、そ

のうえ合戦場、堂の内は河野通正の領地なりしを、召し上げて土居へ

加増し賜わりけるは、時の面目世の聞こえ、武名にかないたることど

もなり。』         

(『清良記松浦郁郎校訂』三二八頁より)


 『吉田古記』が、土居垣内村分である筈の岡本城と八幡神社を古藤田村分に記述しているのは、土居垣内村が古藤田村から分かれたからなのかもしれません。『清良記』巻二十四には「堂ヶ内村」と呼ばれ、天正九年六月より土居領になったとあります。一つの村の起源になったかもしれない岡本合戦。どちらにしても、このような大事な話の年数を忘れたり間違ったりするものではないと思います。



 おわりに


 これまでは何が史実かという研究が過ぎてしまい、『清良記』に書いてあることが紹介できない状態でした。しかし、『清良記』は軍記物語です。著者の意図や動機に思いを馳せながら、作品を読み味わい楽しむことが、『清良記』を郷土の宝物として大切にすることではないかと思います。三間支部では毎月第三土曜日の夜に『清良記を紐解く会』を行っており、平成二十八年の五月から四年目に入ります。賛同できる方は是非ご参加ください。


『ああ土居家代々の武名挙げて数ぞうべからず。されども讃える者、

そしる者、ともに不賤のたとえあり。真にその如く片田舎に、しかも

 小身の侍なれば、深山の奥のホトトギス、聞く人もなき音を書き誰れ

 にか見せん。梅の花の散りほれたる世ともなりなん事のうたてし。し

 かはあれど遼東の亥にやありなまし。

(『清良記松浦郁郎校訂』三頁より)





〈参考資料〉

1.『清良記』松浦郁郎校訂(昭和五十一年)

2.『三間町誌』(平成六年)

3.『三間町誌』(昭和三十九年)

4.『三間町二名地区遺跡詳細分布調査報告書』(平成二年)

5.『土居清良公三百五十年祭記念誌』(昭和五十三年)

6.『新宇和島の自然と文化(二)』(平成二十七年)

7.『愛媛県歴史文化博物館研究紀要第3号』(平成十年)

8.『伊豫史談』一一三号(昭和十八年)

9.『愛媛県史』古代Ⅱ・中世(昭和五十九年)

10.『愛媛県史』資料編 古代・中世(昭和五十八年)

11.『愛媛県編年史』第五(昭和四十四年)

12.『音地松本家文書』(三間公民館撮影)

13.『四国資料集』山本大校注(昭和四十一年)

14.『土佐国編年紀事略』前田和男校訂(昭和四十四年)





c0363691_11504974.jpg


写真は、土居清良公を祭神に祀る「清良神社」。愛媛県宇和島市三間町土居中に鎮座する。時は江戸時代、宇和島藩二代伊達宗利公の治世。土居清良公の三十三回忌に当たる寛文元年(一六六一)に創建されたと伝う。







[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-06-08 10:36 | 論文

□『清良記』を紐解く会より

 新緑の候、皆様におかれては益々ご健勝の事と思います。さて1月からスタートした『清良記三間土居旧本』の翻刻も順調に波に乗って来たように思っておりますが、毛筆で書かれた崩し字を見るにつけ、先駆けて全文翻刻を出版された、松浦郁郎先生の功績とご苦労の大きさを身に染みて感ずるところです。
 1月から5月までの翻刻はすでに会報を通して手に取っておられると思いますが、それは私一人の研究発表のようなもの。それをたたき台にして参加者全員による確認作業を行い、間違いの訂正や不明箇所の特定を行い、その上で、柚山俊夫先生にお墨を付けいただくというのが現在の取り組みです。
 そして、6月からは、東京都あきる野市在住の土居秀夫会員による翻刻がたたき台となります。行く行くは巻二十三『岡本合戦』と関連個所を収録した冊子を出版したい考えですが、私一人の作品にはしたくありません。これからは希望される方には原文コピーをお渡ししますので、『清良記』を紐解く会に参加する全員で作りあげる事業として参りましょう。


□「第八回長宗我部フェス」に参加して

 5月20日(土)は晴天に恵まれて、今年も「長宗我部フェス」に出席して参りました。今回の収穫は、主催者代表であり前高知県立歴史民俗資料館の館長、現在は高知県立図書館の館長である土佐史談会の宅間一之会長とお近づきになれた事です。会長には、土佐史談会への寄稿のお許しと、岡本合戦の年数問題について一緒に研究していただけるという約束をしていただく事ができました。しかし、それもこれも全ては私達のやる気ひとつに掛かっています。是非、皆様のご尽力を宜しくお願い致します。



c0363691_10035973.jpg



c0363691_10084456.jpg



□「迫目岡本家研修」について

 三間史談会の本年度の町内研修は、迫目村庄屋の後裔で三間村の発展に大きく関わった岡本家を訪問する内容で準備を進めています。これはひとえに、昨年入会された岡本裕之会員のご厚意と感謝していますが、これまで岡本家と交友のあった池本覺先生、庭園の見立てに詳しい「三間の自然を守る会」の武田利康先生と打ち合わせながら、今までにない岡本家について学べる研修になるであろうと期待しています。



                            三 間 史 談 会 ・ 松 本 敏 幸






[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2017-06-05 10:58 | 郷土史

□『清良記』を紐解く会 December 2016

『巻一』から『巻三十』までを紐解いてみると、『清良記』のメッセージは首尾一貫しています。また、『清良記』が著された動機は、『巻一』一章の最後の一節に凝縮されている事が分かります。

「ああ土居家代々の武名挙げて数ぞうべからず。
されども讃える者、そしる者、ともに不賤のたとえあり。
真にその如く片田舎に、しかも小身の侍なれば、
深山の奥のホトトギス、聞く人もなき音を書き誰にか見せん。
梅の花の散りほれたる世ともなりなん事のうたてし。
しかはあれど遼東の豕(いのこ)にやありなまし。」
(『清良記 松浦郁郎校訂』三頁)

『清良記』とは、江戸時代となり、宇和島が伊達家の治世となって三十八年が経ち、戦国時代の面影も忘れかけそうになっていた頃、三嶋神社の神主であった土居水也が、土居家の武名を後代に伝え残そうと書き上げた、戦国武将土居清良の一代記であったといえます。故に『清良記』は軍記物語であり、史実を扱うよりも、教訓としての色彩が濃く出ている事でしょう。しかし、そこには資料的価値があると言って余りある程の、生き生きとした戦国の世の息遣いが聴こえてきます。

三間史談会は、そのような『清良記』を宝とし、水也が伝え残そうとしたメッセージが何であったのかについて紐解いて行きたいと思います。

文責/三間史談会 松 本 敏 幸



c0363691_16511692.jpg












[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-12-01 16:31 | 郷土史

□『清良記』を紐解く会より

十月二十九〜三十日『三間町産業文化まつり』が開催されました。三間史談会は「松浦郁郎所蔵・清良記抄と清良記挿絵展」を出展。大変貴重な展示に、来場者の中には非常に強い関心を持たれる方もおられ、戦国時代の話に花が咲きました。

やはり「清良記」といえば三間町、三間町といえば「清良記」なのです。清良記を記録し保存して行く事や、清良記を紐解き語り継いで行く事は、三間の人間が責任を持って行かなければならない事だと強く感じた次第です。来年からは三間本を紐解きながら資料作りをします。ぞうぞよろしくお願い致します。


□『巻三十』最終巻(二回目)p.403〜p.417

最良記は三十巻もの大作ですが、その最後まで渾身の力が込められており、話は多岐に渡って面白く、示唆に富み、非常にメッセージ性を含んだ物語だといえます。「背くべき代をし我から背き来て、背かれけりな時や来ぬらん」と清良公が詠んだ歌は、本当は石城で自刃すべきだった筈を、土居の家督を背負い今日まで生きてきた事への感嘆を吐露したものであったのでしょう。故や、石城の土居一族の自刃は、主人を変えて生き延びる事を恥として、名誉の死を選び、清良をして再興を託した上での事でした。巻三十には丸串城代(現宇和島城)への仕官の誘いを断るというエピソードがありますが、それは騙し討ちを恐れたからではなく、土居家の生き方や清良公が今日まで生きて来た理由とは掛け離れたものであったからだという理解をしていただければと思います。


文責/三間史談会 松 本 敏



c0363691_21480300.jpg



c0363691_21484275.jpg



c0363691_21492025.jpg





[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-11-01 21:30 | 郷土史


□『清良記』を紐解く会より October 2016

 清良記の紐解きを始めて早や四年、遂に最終巻となり感無量に思います。思えば【清良記を紐解く会】は、松浦郁郎先生がテレビに出演されたことから始まりました。それが平成二十五年の三月二十三日(三間町では三嶋神社の春祭りの日)、テレビ愛媛の「ふるさと絶賛バラエティー・い~よ!」でした。そして、振り返ってみれば、清良公の土佐落ちの道を訪ねる研修、岡本城登山、長宗我部まつり、今年の宇和島市役所ロビー展と沢山の思い出ができました。これも全ては、松浦郁郎先生がご苦労をされて『清良記松浦郁郎校訂』を出版して下さったお陰です。そして、いつも盛り上げて下さる皆様には、本当に感謝致します。是からこの勉強会は、宇和島市指定有形文化財である古文書の『清良記三間土居本』の紐解きにも入って行く計画となっていますが、今後ともよろしくお願いします。


□『巻二十九』余韻

 先月、二十四日は『巻二十九』を紐解きましたが、供養の丸における佐兵衛と円長坊との壮絶な殺し合い、小早川の養子となっていた元隆の自刃は、『清良記』のラスト間際に暗い影を落としています。しかし、私はこのストーリーに何か含みがありはしないかと感じられて仕方がありません。対立関係にある者の讒言によって大老が上意討ちされてしまうとは、どうしても和霊騒動を彷彿とさせられてしまうのです。また、元隆は本当に小早川の養子となり安芸で亡くなったのか謎が深まります。


□『巻三十』(最終巻)p.403~p.417

 平成二十五年五月二十八日から始まった紐解きも、いよいよ最後の巻ですが、急ぐことはありませんので、今月から年の瀬にかけてじっくりと紐解いてみたいと思います。巻三十は、巻二十九の九章「四国ことごとく京家になる事」から太閤秀吉の四国征伐後の情勢となります。『清良記』には

 「そむくべき 代をし我から そむき来て
   そむかれけりな 時や来ぬらん」と詠みて、

竹ある岸の下水いさぎよく流れける方に、昔もかかることのありけん、その名を【かくれ宿】という所に、細々と清良公の足跡を伝えています。また、巻三十には等妙寺や仏木寺の縁起、また三嶋神社の楠の云われについても述べてあり興味を引きます。その後、『清良記』は清良の庵室【かくれ宿】で、立ちつ座りつ軍物語をされる清良の姿を描いて終わりとなります。


                              文責/三間史談会 松 本 敏 幸



c0363691_19294853.jpg










[PR]
by kiyoyoshinoiori | 2016-10-01 07:00 | 郷土史

清良記を紐解く会の資料と活動を公開します。\(^o^)/


by 清良の菴(きよよしのいおり)さん